尺八音源入り

2012年3月16日 (金)

間違える箇所は何時も同じ・・・理由が有るの?

群像四月号が発売されています。288ペ-ジから303ペ-ジまで身内の書いた書評が掲載されています。

半年連載です。何とか書評論家として地歩を固めているようです。

術後の体調不十分の中、先日、以前から先生についている声楽の発表会が有り、聴きに行ってきました。

その音源ですが、本人としては不本意な体調での事とて、録音していたなどと言おうものなら怒り心頭でしょう。 私としては、自分に無い才能なので、単純に感心してしまうのです。

その音源です。 http://tannkannmaru.seesaa.net/?1331906187 

さて表題に有る、尺八における間違いの事です。

今、私は「園の秋」の暗譜演奏特訓中です。その折、間違える箇所が何時も決まっています。

間違え箇所はいくら特訓しても、間違えてしまうのです。

譜を覚える折、メリ音もカリ音も同じ発音ですので、最初に手を取り違えてしまうと、その箇所で、必ずといっていいほどに手を間違えてしまいます。

脳がそう指令を送ってしまうのか、何か理由が有りそうだ。

どなたか、解決法をお知りでしたら教えてください。

にほんブログ村 音楽ブログ 純邦楽・和楽器へ

| | コメント (6)

2012年1月28日 (土)

175回続く研究会の吹き初め会・・・

本日は仕事が午前中有ったので、新年吹き初め会に遅れて参加。

私が遅れたのでプログラムの変更があって、私の吹く曲が3曲並んでしまった。

音が最後までかすれないか心配になったが、このところの基本稽古に効果が有ったのか、三曲とも連管相手に迷惑をかけずにすんだ。

「雲雀の曲」「新浮船」を録音したので聞いてください。どちらも二人吹きです。

http://tannkannmaru.seesaa.net/?1327759637

この研究会は175回続いています。かれこれ40年以上でしょうか!!

初めて参加させていただいたとき、「夕顔」で停電してしまったのが懐かしい思い出です。

結構稽古を積んだつもりだったが、合間に入る筝の間合いにしっちゃかめっちゃか・・・

自分の間が全然わからなくなってしまいました。あれから30年どうにか三曲合奏を楽しめるようになってきたかな?

弟弟子達が勉強熱心で、進境著しい。うかうかしていると指導されそうなのでますますの努力が必要になってきた。音楽の才能に乏しい私としては、そんな日が直ぐそこだ!!

ウオ-クマンが直ってきた!!接続部分は特に湿気に弱いようだ。保証がなくなったので注意に注意が肝要だ・・・・

にほん楽ブログ 純邦楽・和楽器へ

| | コメント (1)

2011年4月 5日 (火)

川崎三曲勉強会・・・・

65歳になると公共施設での特典を受けられる事が多い。

先日も、浜離宮、岡本太郎美術館、川崎民家園と行って来ました。無料や400円以下だったりでお安く楽しめました。 NHKで岡本太郎のドラマをやっていたが、父親の一平は尺八をたしなんでいたようだ。床の間に尺八が立てかけてあった。

今年から発足した三曲勉強会の名前が決まった。「川崎三曲勉強会」色々出ていましたが、無難なところに落ち着きました。が面白みがない。

次回は、計画停電の心配もあるのでと、9月に決定。私としてはもう少し頻繁にやってもらいたいところです。

私の演奏は「秋の言葉」「新浮船」でした。十分稽古を積んでいたので、しっかり吹くことが出来ました。最近やっと最後まで音がかすれないで吹けるようになりました。

弟弟子と吹いた「秋の言葉」です。http://tannkannmaru.seesaa.net/?1301983445

夕方からは稽古場です。琴古流大会が近づいてきたので「けしの花」の特訓です。

私は暗譜で吹く段階なので心配はしていません。合同稽古で息を合わせる事が大事になってきます。木曜日と来週火曜日。そして21日が福田社中との下合わせです。

全員が暗譜とは行きそうも有りません。師匠も「その目的で勉強したので、2列目の人は譜面を置く事を許しましょう」と今日の稽古で言っていました。

にほんブログ村 音楽ブログ 純邦楽・和楽器へ

| | コメント (0)

2011年2月20日 (日)

人情に涙した週間。と下合わせ・・・

今週は、旧従業員からの電話が相次ぎました。皆さんに退職金が振込まれたらしいのです。

2月3日に法人裁判が結審。その結果の処置でした。

裁判前に私個人でお見舞金を出していたのですが、それと合わせると、「過分に頂いたので社長に戻したい」という電話でした。嬉しく涙しました。もう社長では無いのに・・・・

「情けは人の為ならず」まさに格言通りになりました・・・

本日は、3月5日の演奏会の下合わせ。「摘草」です。久し振りに音源をのせます。

とこどころ怪しいところもあり、お恥ずかしい出来ですが、今の私の精一杯です。

http://tannkannmaru.seesaa.net/?1298193106

三弦は、先日NHK芸能花舞台吉村七重の世界に出演された七重先生のご母堂師匠です。

本番まで、出来る限りの勉強をし、より良い演奏で長寿記念演奏会を飾りたいです。

今週水曜日の弟子への稽古では「鹿の遠音」に入りました。

出だしのツレで30分をかけました。このツレこそ口伝の真髄。

私は思います。本曲は口伝無しでは無意味です。通信教育、譜面購入の自己稽古、画像を見ての真似吹きなど全てダメです。断言できます。している人はすぐに止めたほうが良いです。

下合わせを終わって、久し振りに竹友と一献傾けました。といっても財政困窮の身。サイゼリアでの一杯でした!!楽しく飲んで食べて一人頭何と460円!!若者で満席なわけだ!!!

にほんブログ村 音楽ブログ 純邦楽・和楽器へ

| | コメント (1)

2010年4月 4日 (日)

大失敗をしでかしてしまった!!猛省・・・・

今日の三曲研究会!!大失敗をしてしまいました。破門ものでした・・。

発端は前の日からの出来事でした。昨日は義父(103歳)の納骨日でした。

その日の朝稽古をして、今日はお酒も入るし夜稽古は出来ないなと、翌日の研究会の譜面等の支度を終え、当日朝の稽古のために、尺八だけ入れずにしておいたのでした。

日曜日の朝、私の好きな対談番組で小林旭と浅岡ルリ子となかにし礼の対談を見て、たまたま手帳を見たら、町会のテント張りがある日でした。

慌てて駆けつけ仕事を終えて時間を見たら、研究会集合時間間際だったので、いつもは点検するのですが、ついそのままかばんを抱えて出てしまいました。

猛省しております。会場でかばんを開けたら尺八が入っていませんでした。

連管は譜面読み勉強になってしまいました。単管は竹友の好意で尺八を借り「茶の湯音頭」を吹きました。

最後の「春の曲」連管は、師匠がこれで吹きなさいと、師匠の愛管を貸してくださりご自分は聴き手に回ってくださいました。

乙呂がよく出て、大変吹きやすい名管でした。

失敗日の中での1条の光と喜びでした!!良い記念になりました。

 単管吹きの「茶の湯音頭」です。こちらの竹は乙呂に苦戦しました。

様子見の音だしですがお聞きください。http://tannkannmaru.seesaa.net/?1270386075

こんな初歩の基本をうっかりしてしまうとは、まだまだ師匠の弟子と名乗るのには数十年早いと自覚させられる今日一日でした・・・

・・・・・・・・「次第梯登」世阿弥・・・・・・・・・

師匠は、微笑んでいました・・・・・反省!!

或いは苦笑いか?猛省!!!

にほんブログ村 音楽ブログ 純邦楽・和楽器へ邦楽ランキングへ・・・

| | コメント (1)

2010年4月 1日 (木)

琴古流演奏会下合わせ・・福田栄香師社中

練馬文化センタ-にて10日の琴古流尺八演奏会「浮船」の下合わせをおこないました。

気持ち良く吹けました。福田栄香師の三弦と唄が尺八の音を引き出してくれているようでした。

我々も連管稽古は十分とまでは行かないが、数をこなしてきているので、息は合っています。

自分自身も今回の「浮船」は十分吹き込んでいたので、抜粋箇所の入りなどもしっかり吹くことが出来ました。

http://tannkannmaru.seesaa.net/?1270190740 音源13分です。

来週、あと2回尺八合同稽古をして本番に臨みます。

10日ですので、ぎりぎり会場北トピアの有る王子駅飛鳥山公園の桜も応援してくれる事でしょう。

このところ無職になり稽古量が増えたので、自分なりに音に安心感を持てるようになってきました。

やはり譜面になれることで、力みが自然と消えてきているのでしょうか?

こうなると稽古に励みが出て、良い循環状態になってきています!!

もっともこれらは自分の思い込みで、よその方の評価ではありません。念のため・・・

日曜日は三曲研究会です。今回は茶の湯音頭の単管です。

七重先生にダブル受賞のお祝いのご挨拶をしなければ!!

にほんブログ村 音楽ブログ 純邦楽・和楽器へ 邦楽ランキングへどうぞ・・・

| | コメント (0)

2010年1月31日 (日)

尺八教室・吹き初め演奏会で1月も楽日!!

30日の筝社中合同吹き初め演奏会兼新年会。そして本日の尺八教室にて今月の尺八行事の打ち止めでした。

30日吹き初め会は連管の安心感と自分自身は自分なりに勉強していたので、気持ちよく吹くことが出来ました。

http://tannkannmaru.seesaa.net/?1264922598 

「園の秋」「六段」です。園の秋は兄弟子二人との連管でしたので稽古の成果を十分に発揮できました。

六段は、全員での連管。連管は自身の気持ちの持ち方で雲泥のひと時となります。

終わって品川駅構内で軽い2次会を行いました。皆さん私の私生活の変化に気を使ってくれているのか、親切な物腰で応対してくれ恐縮の一語です・・・

本日は朝10時から尺八教室です。

生徒さんは多少理論先行型の方です。帰り道でお聞きしたら技術畑出身だそうです。

さも有りなんと納得してしまいました!!兄弟弟子にも似たタイプがいます!!

今、この時この事を講師に委ねてください。先のことや教えていないことに気を行かせないでください。とお願いしました。

よく解りませんが、技術畑の人は、例えば譜面の一字一句まで納得しないと気が済まないらしいのです。

講師の背中に負ぶさりなさい・・・と、くどいほどに言いました。・・が出来ますか?

それが出来ればほぼゴ-ルは見えて来るのですが・・・・一番難しい・・・・

明日から2月です。尺八外私生活では、 火曜日に弁護士事務所で打ち合わせです・・・・・

にほんブログ村 音楽ブログ 純邦楽・和楽器へ邦楽ランキングへ一直線!!クリックしてください。

| | コメント (1)

2009年12月25日 (金)

墓参り、富士浅間神社参詣と最終稽古・・・

23日快晴の下、お墓参りに行ってきました。当家の墓は、親の出身地静岡県富士市芝川町というところにあります。富士山のすぐそばです。

帰りに立ち寄った浅間神社鳥居から富士を背にした私の雄姿をご覧ください!!

24日の記事 http://tannkannmaru.seesaa.net/?1261621528 ここも最近はB級グルメ「ソ-ス焼そば」で大賑わい!!

写真でお判りのように、当家の墓の正面には「温顔微笑」と刻されています。私の父親は明治オヤジの典型と言うか笑ったことがほとんどありません。オヤジは、墓建立時には「あの世では笑顔で過ごしたいな・・」と思ったのか?銅版葺き金メッキで刻しました。

「温顔微笑」!!尺八を吹いている唇が正にそれです。そんな微笑での尺八修行。富士山で例えれば、今年は何合目ぐらいに往けたでしょうか?

心洗われた一日でした・・・

そして臨んだ本年最後の稽古日。稽古場とは27日の尺八教室が残っているので、まだ最後では有りませんが。

今晩の出席者は9名。「鹿の遠音」「一二三鉢返し」の合同吹き合わせで、本年の吹き納めでした。25日の記事 http://tannkannmaru.seesaa.net/?1261749000 音源です。

本年最後の晩餐も、和やかなうちに終わりました。

それぞれが、来年へ向けて、前向きな発言をし、私も、私生活での社会的変化を報告し、より一層尺八修行に取り組む決意を表明しました。

来年の琴古流大会の社中曲は「新浮船」に決まりました。

さあ~!!稽古だ!!!!!!

にほんブログ村 音楽ブログ 純邦楽・和楽器へ

| | コメント (0)

2009年11月15日 (日)

友!!遠方より来たらず!!近くから来たり!!!

本日は、三曲研究会。京都よりブログ友がお見えに成るという事でしたが、お仕事の関係で急遽キャンセル。

ところが、千葉在住で、近頃ブログ友になった虚シンさんよりメ-ルをいただき、本日の研究会に参加されました。

虚シンさんに本日の曲をお知らせしていたので、全譜面を持参しての初演奏です。

虚シンさんも、連管で三曲吹きました。これもブログがつないだご縁というものですね。

私も本日は誕生日ということで、新高砂を吹きました

http://tannkannmaru.seesaa.net/?1258287546 お聞きくだされば幸甚です!!

虚シンさん、我が社中どのような印象だったのでしょうか?

私のブログもささやかではありますが、少しづつ、邦楽普及に役立っているのかなと思うと、嬉しくなります。

今年も残る舞台は、あと3回となりました。早いものですね!!!

にほんブログ村 音楽ブログ 純邦楽・和楽器へ今週の邦楽ランキングはどうかな?クリックで変化あり!!

| | コメント (0)

2009年11月 3日 (火)

横浜市旭区文化祭に参加・・・

3日文化の日。横浜市旭区文化祭でした。

社中竹友の依頼で、社中6名が参加しました。

旭区はこの手の催し物での、市民の観客がとても多いので感心してしまいます。

最近の邦楽演奏会の傾向ですが、新曲、宮城曲がとても多く、古曲、本曲は肩身の狭い感じです。

本日の演奏会も、その傾向でした。

本曲は、我々が吹いた琴古流本曲「夕暮れの曲」ぐらいでしたでしょうか。

お蔭かどうかわかりませんが、じっくりと聞いていただけました。

http://tannkannmaru.seesaa.net/?1257245582 その音源です。

次の日曜日は、邦楽演奏会が数箇所あり、応援、地元と、割り振りが大変でした。

私の地元、川崎三曲演奏会には、助っ人は無しで、私一人の出演です。竹友は、稲城市三曲演奏会へ助っ人に駆けつけます。

11月に、いつの間にか入っています。11月、12月は演奏会が続きます。

私は不器用なのでじっくり仕上げないと舞台に出せるまでに至らないので、この季節は苦労します。

今日の演奏会での竹友などは、新曲、古曲、本曲、宮城曲などをいともたやすく吹きわけていて、音楽的レベルの差を痛感してしまいました。

愚直に稽古をしていきましょうと、心新たにしてしまった一日でした。

にほんブログ村 音楽ブログ 純邦楽・和楽器へ

| | コメント (0)

より以前の記事一覧