« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

2016年4月14日 (木)

稽古を終えての先生の一言・・・!!

「一週間に一度、単管丸さんと一二三鉢返しを吹く時が私の勉強の時間です」

こんなお言葉が吹き合わせを終えた時に先生から出ました?

お弟子さんの少し上のレベルでお稽古では接しているらしいのです。

都度、お弟子さんの進捗度合いで、スピ-ドを早めたり、音量を強めたり、色々な事をしご自分の稽古は出来ないのでしょう?

又、お一人での舞台演奏の稽古での吹奏などでは色々な要素がありこれまた無心ではできないのでしょう?

一週間に一度の私との一二三の吹き合わせの時に、先生の長年築き上げてきた古典琴古流の原点にご自分が戻れるのではないでしょうか?

腹式で渾身の精神の集中を尺八に託し、何も考えずにその場の空気と対峙できるのでしょうか。

その相手に、私との一二三鉢返し吹き合わせを選んでいただけたとはこの上もないうれしい一言です。

私も一二三はほぼ毎日吹いていますので多少手の内に入ってきております。

今週土曜日は、宗家が川崎宿交流館にて講演されるそうです。地元ですので駆けつけたいと思います。お近くの方は是非どうぞ14:00からです。

 


にほんブログ村

| | コメント (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »