« 三のハで吐く尺八の完成を目指す・・・ | トップページ | いつまでたってもダメな私ね~~~(*^_^*) »

2015年4月20日 (月)

上達著しい弟弟子たち・・・・

三曲演奏などで、尺八奏者は、師範前の者にとって克服しなければならないことが有ります。

それは、箏の流派、社中によって前歌、チラシ、段替り、二上がり、後唄などのところでの速さの変化に戸惑ってしまうことがしばしばだからです。

私などは、それを克服するのに云十年もかかってしまった・・・
いまだに不安が残る体たらく状態!!

それがどうだ!!昨日の三曲研究会。
弟弟子たちの、吹奏姿勢、自然体の呼吸、箏に合わせての落ち着いた間合い、カリ音めり音の的確な律に、強弱などの対応。

こんなにも短期間に上達するのか・・・と思わせるできばえでした。

昨日演奏した中で、私が尺八教室講師で指導した方が4名いました。

直近のお二人はまだまだ演奏とまではいきませんでしたが、後のお二人はそれはそれは堂々とした演奏姿勢で感服させられました。

来週は別の研究会で「千代の鶯」を勉強するのですが、この曲もスピ-ドの変化が著しい曲です。まだ克服できていません。後一週間弟弟子たちに負けないよう研鑚を積みましょう・・・・・・

にほんブログ村 音楽ブログ 純邦楽・和楽器へ
にほんブログ村

|

« 三のハで吐く尺八の完成を目指す・・・ | トップページ | いつまでたってもダメな私ね~~~(*^_^*) »

コメント

わたしは都山を少し習いましたのでね、「千代の鶯」も当然都山譜で吹きますが、が、内緒の話(?)ですが、が、都山譜に琴古譜を紛れ込ませた自分だけの譜を作っていましてね、コレを吹きます、と、いうても何十年も昔の話ですがね、最近は地歌はまったく吹かんです、童謡唱歌や、子守唄や、の、雑歌(唄)を吹いて楽しんでいます、シンドイ思いの稽古からはほぼ完全に足を洗いましたよ、

投稿: 波平 | 2015年4月21日 (火) 07時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 三のハで吐く尺八の完成を目指す・・・ | トップページ | いつまでたってもダメな私ね~~~(*^_^*) »